新・紫花札の日々

RSイクリプス鯖でプレイ中 バジスロ日記+WLWも活動中

スカイツリーの元で あの人と出会えなかった2時46分

2011-03-14
日記



「じゃ明日のお昼にでもスカイツリーで待ち合わせしようか」


そうやって冗談まがいの会話で幕をとした

3月10日。夜中の1時



私はあの時間の前にこんな話をしていたのだった・・





3月になった東京

まだ肌寒い日も続けば暑くなったりする日々だった
いまいち体調も落ち着かず
息苦しい満員電車の中

体を揺らしていた。



「スカイツリーか・・・真横にあるからもうなんとも思わないや・・」


職場の窓から
眼と鼻の先といってもいいぐらい
スカイツリーが一番見える場所に
私は毎日通っている


しかしあの前日の夜に
「あの場所で会おう」
とあの人と約束したのであった



「時間が合わないからどの道無理なんだけどね・・・」


そんなひねくれた考えをしながら
なんとなくクスクスと微笑をした私。


そうあの人に一度でも会えれば

会えれば・・・

私は幸せだったのかもしれない







「お昼だー」
「今日どこにしよっか?」



職場のどこでもある会話。
そんなありふれた会話でも今日は特別に聞こえた


「ルチさん、どこいく?」


「あ、ごめん今日コンビニで済ませちゃうや」


「そっか、じゃいってくるねー」




この日も寒かった
マフラーをして
コートを羽織って
携帯と財布を持ち


外にでた私だった



「ここらへんかな・・・・んまぁ期待はしてないけど・・・」




お昼時間は決められていた
しかしその短い時間でもかすかな期待を胸に私はスカイツリーが見える麓にいた。


・・・・・・・・・
・・・・・



「・・・・・・ んまぁあえるわけないよね! 私たちリアルじゃ顔知らないし・・・」





コンビニで軽食を買い。
職場に戻る私。



「そうだよね、うん・・・あっちも忙しいもんね」


期待はしてないから

だから胸は痛くないと自分に言い聞かせて。










しかしこの時

あの瞬間がくるとは


誰も思っていなかった。








2時45分

新しい作業用紙を取りだし
差しかかろうとする。





急に視線が震えた。


「あれ・・・」


最近ひどく貧血だったのもあったので
自分のめまいかと思うがどうも貧血にしてはひどすぎるめまいだった。



「おかしいな・・・薬飲んだのに・・・」


頭を抱えたら周りも騒ぎ始めた

どうやら貧血ではなかったようだ



(前にも震度4の地震があったときに結構揺れたしなこのビル・・・
またその程度の地震だろう・・しばらくしたら収まるだろ・・・)




そう思い作業用紙に
ペンを走らせようとしたとき






ざわめきが悲鳴に変わった。








「うそ!地震?!」
「やだ大きい!前より大きいよ!」
「怖い!」
「机の下にもぐろう!」



周りの悲鳴が部屋にあふれた。



(前の時より明らか大きい・・・!)

私は自分の席から飛び出し急いでドアを開ける
閉じ込められたら助かるものも助からない。

しかし揺れはひどくたって歩くのもやっとだった


ブラインドは地震によって揺れ音を部屋に響かせる。
地響きがはっきりと耳の鼓膜を振動させる。
悲鳴が散乱する。


部屋はパニック状態だった。




ほんの数秒だったと思う地震は
恐怖の中では長い5分以上揺れていたと感じた。




しばらくして地震がおさまる。

そして携帯を付けるがもちろん電話もネットもつながらない。




「ワンセグ・・・ならつながる・・・!」


ワンセグに切り替えて
情報を見る


宮城震度7

東京震度5弱



この数字に



唖然とした。






机の下で思ったのが
あの人の言葉



『スカイツリーで待ち合わせしよう』










こうなってしまったら

あの人には会えないだろうか・・・







心に穴があいても
現実はまだ
残酷な運命を始まったばかりだった。













前置きが長くなりました

どーもお久しぶりです管理人です。




↑のどーしようもない小説
前日に海のGチャでいろいろと妄想話をしていた設定を持ってきて
小説にしてみました。

最初はよくある王道少女マンガ設定だったのですが。

現実でとても大変な事があったので
自主体験を踏まえて・・・みたいな・・・



内容は本物9割妄想1割です



ちょうど一人じゃない時に地震だったので
ある意味よかったです。
その場にいた先生が
あまりにも冷静すぎたのもあって
地震後はパニックにならずに無事に誰も怪我することもなく帰宅になりました


とりあえず怪我もなく私は大丈夫です はい。
色々メールしてくださった方々ありがとうございます。
メールが受信されるのが遅かったのもありましたが
メールをみて元気が出ました
本当怖かったです。

ガチでビルが古いもので本当壊れるんじゃないかっていう恐怖でした


もちろん電車は死んでたので歩いて帰宅。
歩いて帰れる距離だったのが幸い・・・

普通に5時間6時間の人沢山いるもんなぁ・・・



初日はとにかく余震がひどくて
次にまた大きい余震が来たらどうしようという恐怖がありまくりでした。


最初の地震→次に大きい余震と続いたので
本当死ぬんじゃないかって思いました・・・



閃光組や海の人たちやSOF組に
結構地震関係者の方々がいるので心配ですが・・・
大丈夫かな・・・


そして節電云々もあって
ログインは控えてようと思っています。


とりあえず簡単に報告をしただけです。


落ちつくまではパソは落としてる感じです。
露店もしないようと思い。



GvとかGDとか
いけなくなりますが
ご了承お願いしますm( __ __ )m





そして本日ありえない満員電車+自宅待機で
萎え萎えッ



疲れたのでしばらくしたら寝る・・・(´・ω・`)


では
またそのうちに(´・ω・`)ノシ


スポンサーサイト

テーマ: RED STONE
ジャンル: オンラインゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

No title

仕事でゲートシティーにいたけど、壁がぽろぽろ逝ってきて、流石に壊れるかと思った。

Re: @Bさん

> 仕事でゲートシティーにいたけど、壁がぽろぽろ逝ってきて、流石に壊れるかと思った。


あああBさん御無事でよかった・・・
それは怖かったですな・・・
無事でなによりです><

これからまた地震くるかもなので準備云々整えて行動しましょ(´ω`)b

Designed by yukihirotsutsumi (template: aojeans3c1)

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

Copyright © いの All Rights Reserved.